ソリューションランド
ENGLISH

HOME
実現したいこと 大会のご案内 資料館 Museum LINK

CONTACT
解決志向ブリーフセラピーレーニングのご案内
来日セミナーのご案内
WOWW
スー・ヤングさんへのインタビュー<学校で活かす いじ
めへの解決志向プログラムの著者>
謝罪と許し
セルフヘルパー


コンプる


IASTI



解決志向ブリーフセラピーのトレーニングのご案内

目的 トレーナー 資格認定について 審査認定 トレーニング
トレーニングワークショップのご案内



トレーニング基準
トレーニング


トレーニングの量
教室内での学習と個別トレーニング活動の割合はどの認定レベルにおいても1:2です。これには、トレイニーはソリューション・フォーカスト・モデルを各々の専門活動において実践し、トレーニング教室内外で様々なスキルを展開することで、より成果を挙げられるという多くのIASTI会員機関の考えが反映されています。

トレーニングの質
“直接トレーニング”は教室内で教師/トレーナーと共に行う正式で計画的なトレーニングです。このトレーニングではモデルについての講義に加え、ソリューション・フォーカストの特定のテクニックに焦点を当てた演習や録画されたセッションから学び取ったり、クライアントとのライブ面接や特定のケース例に関する他のワークを見たりします。
“個別専門活動時間内でのトレーニング活動”とはトレイニー自身が通常の専門活動時間内にできる活動や作業のことを指します。ソリューション・フォーカスト・モデルのトレーニングと実践は少なくともある程度はトレイニーの通常の活動内で行われることとされているのでトレイニーは認定に要する時間を特別に割り当てる必要がありません。
トレーニング活動の例としては:セッションでソリューション・フォーカスト・テクニックを使用し、結果を評価する、ソリューション・フォーカスト学習用指定教材を読む、ピア・スーパービジョン、ロールプレイ、ルーク・イセベール博士のセラピスト・ハピネス・クエスチョンの日記を毎日つける、マイケル・ハースのソリューション・フォーカスト・マイクロ・ツールズの使用、またはIASTI機関が特定しているその他のSF学習活動です。
トレイニーの活動に対するスーパービジョンの時間はソリューション・フォーカスト・モデルのトレーニングの重要な一部分として考えられており、各認定レベル要件の150時間内に計上されます。各機関は独自のトレーニング様式や文脈を考慮した上でトレーニングプログラムにスーパービジョンを含めています。
プライバシーポリシー

SOLITION LAND

ロゴの説明
since Sep.2006